ぽっこりお腹のメタボ体型が腹筋を割るのに効果的な方法は?

EMSにはいろいろな商品がありますが、目的はどれもほぼ同じで「腹筋を割ること」です。
バタフライアブスの公式サイトを見ると、トップ画像の次に出てくるのは男性のぽっこりお腹。
いかに多くの中年男性が自分のぽっこりお腹にコンプレックスを感じているか、うかがい知れますね。

しかし実のところ、私たちはみんな大きな勘違いをしてます。割れた腹筋を手に入れるために必要なのは、腹筋を鍛えることじゃないんです。
では、どうすれば腹筋を割ることができるのか、解説します。

 

割れた腹筋はすでにあなたの体にある!

日常生活を不便なく過ごせている時点で、あなたはすでに必要な腹筋を持っています。
ですから、きれいに割れた腹筋を手に入れたいからといって頑張ってキツイ筋トレをする必要はなくて、お腹の脂肪さえ取りのぞけば、割れた腹筋がちゃんと顔を出す

 

EMSは筋肉に電気で強制的に刺激を与えて、筋トレと同じような効果を得るというものですが、どんなに頑張って腹筋を鍛えても、お腹の脂肪を取りのぞかない限り、割れた腹筋はおがめません。

つまり、メタボ体型の人が腹筋を割るために大事なのは、筋トレではなく脂肪燃焼なんです。

あわせて読みたい記事⇒ 「EMSに果たしてダイエット効果はあるのか?」

 

有酸素運動で脂肪を燃やせ!

具体的には、ウォーキングなど毎日続けられる有酸素運動を習慣化するのが効果的。意識して歩行量を増やすだけでも効果はあります。

常識で考えれば、脂肪を落としたかったら体重を落とさないといけないことは分かりますよね?
体重を1kg落とすとウエストが1cm細くなると言われています。となると、いま現在のお腹周りのサイズを測れば、割れた腹筋をおがむためにはあと何キロ体重を落とさないといけないか分かるはず。

もしあなたがメタボ体型なら、EMSを使っただけでは割れた腹筋はなかなかおがめないでしょう。

 

それでも筋トレはした方がいい

「じゃあ、EMSなんて必要ないじゃないか!?」と言うと、決してそんなことはありません。

筋トレで筋肉を鍛えると基礎代謝があがり、効率よく脂肪を燃焼できるようになるので、有酸素運動と合わせて筋トレもやるほうがいい。
EMSを着けてウォーキングすれば、有酸素運動をしながら一緒に腹筋を鍛えることができるので、まさに一石二鳥です。

 

また仮に、ウォーキングをする時間がなかなかとれないとしても、EMSで筋トレして徐々に基礎代謝を上げていけば、軽い運動でも脂肪が燃えやすくなる。
だから、まったく何もしないよりはEMSを使った方がいい

なかなかジムに通う時間がとれない人や、ウォーキングだけじゃ体重も脂肪も落ちにくいと感じている人は、EMSを使用することで割れた腹筋をおがめる日は確実に早まります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*